女40歳からの賢い健康対策

40歳。女性の体に起こる変化に対応する

卵巣の周期が乱れはじめる

 

更年期の、卵巣機能の低下によるエストロゲンの分泌の減少が原因で起こるさまざまな症状を更年期障害といいます。

 

 

よく見られる症状としては、

 

のぼせる、ほてる、汗が出る、イライラする、頭が重い感じがする、眠れない、疲れやすい、動悸がする

 

などなどです。

 

症状がひどいときは、うつなどの症状を併発していることもあります。

 

 

しかし、更年期障害は誰にでも起きるわけではなく、

 

症状があっても気にならない程度の人、
症状がひどくて治療が必要になる人、
何も起こらず、気がつかないうちに通り過ぎてしまう人、

 

などさまざまです。

 

 

女性ホルモンは、骨盤の中の卵巣から分泌されます。

 

女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類があります。

 

なかでもエストロゲンは、乳腺や子宮に作用して女性らしさをつかさどり、
妊娠・出産といった生殖にかかわるだけでなく、血液にのって体中をめぐり、

 

心臓や血管、骨、皮膚など生殖と無関係な臓器や組織にも作用して、
女性の体のさまざまな機能を正常に保つために重要な働きをしています。

 

40代後半から更年期に入ると、このエストロゲンの分泌量が急激に減少しはじめ、
心身にさまざまな変化があらわれはじめます。

 

これからどうなるんだろうか?

 

と不安に思うかもしれませんが、女性の体の仕組みや女性ホルモンの正しい知識が身についていれば、
更年期の不調の背景も理解でき、対応もしやすくなります。

 

更年期を上手に過ごす上で女性ホルモンの正しい知識はとても大切です。

 

では詳しく見ていくことにしましょう。
 月経の仕組みと更年期 へ


だから、歩くのがいいボケ予防の方法あなたの知らない健康茶「加齢」との付き合い方中高年からの筋肉作り