なんとなく調子がよくない

なんとなく、は病気の前兆?

病気の前兆に敏感になること

 

東洋医学には「未病」ということばがあります。

 

「病気というほどではないが、調子が悪い」または「病気になりつつある状態」を意味しています。

 

また、「先手必勝」ということばがありますが、何事も早目の対処をすることが大切です。

 

とくに、病気に関する場合、対処が早いか遅いかで、その後の経過が大きく左右されます。

 

人間ドックや定期健診で、健康状態をチェックしているからと安心してはいませんか。

 

血液検査、尿検査、CTやMRIを駆使して幅広くからだの状態を調べるのはよいことでしょう。

 

しかし、そうした検査は「病気」を発見することはできても「未病」を見つけることはできません。

 

つまり「早めの対処」ができないのです。

 

体の不調をいち早く発見するためには、自分の体の声を聞くことです。

 

体は、未病の気配を感じると、あなたへの「SOS」を発信します。

 

顔色の変化、目、耳、口の異変など、体が発する「SOS」を確実に読み取れるようにしましょう。

 

なんとなく調子が悪い、は病気の前兆であることがあります。


 

だから、歩くのがいいスポーツと栄養とあなたの知らない健康茶「加齢」との付き合い方中高年からの筋肉作り